スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験について考える

今回、娘が中学受験に不合格になり
冷静に分析してみると
というより、薄々感じていたのですが・・・・

小学校から、大学に行くまでには
1. 私立小学校→私立中学→私立高校
2. 公立小学校→私立中学→私立高校
3. 公立小学校→公立中学→私立高校
4. 公立小学校→公立中学→公立高校

のパターンが考えられます。
(最近は、中学私立で、高校で再び公立というパターンもあります)

どのパターンがいいかは、各ご家庭、お子様で
それぞれですが

1のパターンは、そのまま附属の大学にエスカレーターで
上がられる場合が多いような気がします。(もちろん例外もあります)
附属の大学に行くのではなく
あえて目標を難関国公立大学に設定し
どのパターンがいいかと考えると
お金の一番かからないのは4番です。

私立校があまりない地方では、4のパターンが
大多数ですね。

一番、お金がかかるのは
2のパターンでしょうか。

難関国立大に毎年2桁の合格者を出している
私立の中高一貫校なら、大学受験のために塾に行かなくても
大丈夫だと思いますが、
私立校に行き、さらに塾に通うと莫大な費用がかかります。
もし第一志望の国立大がダメで私立大に行くとなると
そのトータル費用はいかほどでしょうか。

また、中学受験で第一志望校に不合格になり
レベルを落とした私立中学校に行ってしまうと
大学受験の際に、やはり塾代がかかります。

同じ塾代かかるなら、
公立校に行って塾に行ったらいいんじゃないかと思いました。
こうなれば、4のパターンで全部公立に行ってほしいです。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。