スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2030年の世界

「アメリカ情報機関が分析した、アメリカ大統領も参考にする、
最新の未来予測レポート」
という本紹介に、興味をそそられ
早速、読んでみました。

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」
2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」


2030年と聞くと随分先のように思えますが
わずか17年後のことです。

2030年の経済大国は
中国を抜きインドだと予測されています。
そして、日本経済の復活はないと予測されています。
いろいろな情報を見聞きし
私自身は、日本は復活しないという予測に同意しています。

その最たる理由は超高齢化社会です。
2030年には日本の平均年齢は52歳になり
老人1に対し労働人口2という人口構造です。

夢も希望もない将来になりそうですが
今後の世界を大きく左右する4つの分野に上げられていたのが

「情報技術」
「機械化と生産技術」
「資源管理技術」
「医療技術」

せめて子供の将来のためにも17年後、需要が増えると予測される
これらの分野に注目するのも良いかと思いました。



読んで良かったと思われる方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。