FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールの誤送信に注意

昨日、翻訳会社さんから仕事の依頼メールがきたのですが…

メールの件名は、いつも頂いている
「〇〇会社の和訳の件」
でしたが、メールを開いてみると

○○様…
これが、私の名前ではありませんでした。

メールの宛先を間違ったのか
私の名前を間違ったのかとふと考えましたが

良くメールを読むと
先日に引き続き…と書いてあり
私は、先日この案件に関わっていないので
宛先を間違っていることが判明しました。

いつも、頂いている○○会社さんの案件なのに
いつの間にか、違う人に仕事がふられていることに
ショックを受けました。

翻訳会社さんに、メールが間違って送られてきた件を
報告するとともに、
私に、何かミスがあり、仕事が他の人に行ったのか
という内容を、それとなくやんわり聞いてみました。

その答えに半分納得、半分不満という感じです。
Trados2014年が必要な案件でした。
Trados2011年しか持ってない私には無理です。

ミスなどで、干されたのではないので
ほっとしたのですが、
いつの間にかtrados2014年が必要な案件が
出てきたというのは、これを買えということなのでしょうか?

Trados2011年も、ろくに使っていないのに
2014年バージョンなんか買う気にもなれません。

しかし、一方でtrados2014年を早速購入し
仕事につなげている?人もいるのですね。

間違いメールから新たなことが判明しましたよ。

しかし、間違いメールには要注意ですね。
以前、少しだけ勤めていた翻訳会社さんで
間違って、違うクライアントさんに納品したという
大事件があったそうです。

私は、パソコンのメールは誤送信したことないですが
携帯メールは、誤送信あります。
プライベートな内容だと、恥ずかしいですよね。





にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

No title

Trados2014ですか!
私は二回簡易版を買ったのですが依頼がなかったので今度は買わないと思います。私の契約先では他のツールが主流なのでTradosは必要ないみたいです。

Re: No title

Trados案件はありそうですが
実際にはそんなにないのが実情だと思います。
唯一、IT翻訳の場合は、活用できると思いますが
それ以外は、早まって買うことはないと思いますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。