FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やせ我慢

やせ我慢とは、goo辞書では「無理に我慢して、平気を装うこと」
とありました。

昨日の私は正しくそれ。
バレエの発表会のために
久々に出してきた5cmヒールを履き
超足が痛いのに、平気なふりをしていました。

途中で脱ぎたかったのですが
それもできず、最後まで我慢し通しました。
それで、今日は、足は痛いわ、腰は痛いわと
後遺症に苦しんでいます。

しかし、なぜ昔(約10年前ぐらい)は
平気で履けていた、ヒールが履けなくなったのでしょうか?
今更足が大きくなったわけでもないし
体重は変わってないので、
体重増加によりヒールで支えるのが苦しくなったわけではないと
思います。

考えられるのは、
普段、スニーカーやペタンコ靴ばかりなので
ヒールに慣れてないからだと思いますが
足がでかくなったわけではないので
以前、痛くもなく履けていたヒールが痛いはずはない。

しかし、可能性があるのは、加齢により
「足の骨と骨をつなぐ靭帯が弾力を失って、
伸びて緩んできます。足の骨格で作っていた
アーチがつぶれて扁平になり、
扇を開くように足の幅が広がってきます。」
という説明が当てはまるのでしょうか?
悲しい・・・

以前は、ミセス向けのコンフォートシューズ売り場
なんて見向きもしなかったし、
なぜ、みな年をとるとコンフォートシューズを
履くのか不思議に思っていましたが

やせ我慢ができなくなったら
そのうちコンフォートシューズ売り場に行きます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。