FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の勉強にどこまで注ぎ込むか

知り合いに翻訳の勉強を、中休みもありながらですが
10年近く継続していると言う方がいらっしゃいます。

この方は、会社勤めをされているので
会社をやめて不安定な
フリーの翻訳者になるのをためらっていらっしゃる
こともあり、まだ翻訳者にはなられていません。

しかし、10年近くも翻訳スクールに通っていると
いうのは、趣味として習うならよいですが
プロの翻訳者を目指すなら
時間と、お金の無駄なような気がします。

語学の学習は、終点がないので
やりだしたらきりがないです
それに、語学学習業界自体が一大産業なので
あの手、この手で勧誘されます。

中には、この講座を取ると、
このツールを購入すると
翻訳の仕事を依頼しますというような
本当に依頼がくるかが疑問視されるような
学習講座もあります。

今の時代は、インターネットを使ったら
いくらでもフリー教材が得られますが
カリキュラムになった教材は
確かに無料では、なかなかないです。
ただ、そのカリキュラムも本当に
効果があるかどうかは、個人差があるでしょうし
どこまで、語学学習に時間と資金の投資をするのか
悩ましいですね。

ちなみに、私が数年前に翻訳者になろうと思い立ち
あまり予備知識も調査もないままに取った通信講座、
今にしてみれば、内容のわりに金額が高すぎると思いました。
もし今、翻訳者を目指している人に、その講座は
どうですか?と聞かれたら、絶対に勧めないでしょうね。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。