FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専業主婦回帰

新たな翻訳の仕事で、治験薬概要書というものを
訳しましたが、これが難しくて
日本語にしても、その日本語が意味不明でした。
やはり、医薬の知識がないと
この手の翻訳は限界があると落ち込んでいました。

ということで、ブログの更新も滞り
好きな読書も積読になっていたところですが

図書館で半年以上待った本が、ようやく回ってきたので
早速、読みました。

ハウスワイフ2.0
ハウスワイフ2.0

今、アメリカでは20代~30代の高学歴の女性の間に
専業主婦回帰の流れが起こっているのだそうです。
1つには、経済不況の中
就職がしにくい、したとしても馬車馬のように
働かされるなどの理由が背景にはあります。
また、50年代の専業主婦を母親にもつ
娘たちが、ようやく男女平等を勝ち取り
男性並みに働き、家事も仕事も育児もこなす
スーパーウーマンになりました。
しかし、今度はその娘が、子どもの世話もそこそこで
家事、育児に追われ消耗しきっている母親を見て
反対に、再び専業主婦に憧れ、回帰しているそうです。

アメリカよりも少し遅れて、日本でも
この現象が見られます。
私の世代は、女性も学歴を付け仕事も、育児もするのが
かっこいいという考えでした。
しかし、今は専業主婦に憧れを
もっている若い女性が多いのだそうです。

アメリカでは会社を辞めた高学歴の若い女性が
専業主婦になり、田舎暮らしをし
自給自足をし、パンを焼き、服を手作りし
というような節約生活をするのです。

まるで、おばあちゃんの時代に戻ったようですね。
ただ、昔の専業主婦と違い
今の主婦は「ハウスワイフ2.0」で
選択的に専業主婦になり、積極的に主婦業に取り組んでいる
という点が元祖とは違うようです。

本の最後には
専業主婦を選択できるのは、ほどほどに恵まれている
中流階級だと自覚し、やはり経済的な自立は大事だとも
書かれていました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。