FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Metastasisの訳は難しい

先日、四苦八苦して訳し、納品した翻訳ですが
コーディネーターさんに
恐る恐る問題がなかったか聞いてみたとこと
何もなかったので、ほっとしました。
受容体だのシグナル経路だのよくわからないと
onやforなどの細部までもどのように訳すのか悩みます。

それで、思い出したのがMetastasisです。
先日、Untreated Metastatic Adenocarcinoma of the Colon or Rectumを
「未治療の切除不能進行・再発大腸腺癌」と訳しているサイトがあり
あれ?と思い調べてみました。

Metastasisと言えば「転移性」とすぐに訳出ししてしまいますが
転移性と言う場合は、他の臓器から転移してきたがんのことで
Metastatic colorectal cancerは大腸の癌が、他の臓器に転移
したという意味で、「遠隔転移を有する大腸癌」つまり
「切除不能進行・再発大腸腺癌」を意味すると説明していた
サイトを見つけました。

しかし、「転移性」と「遠隔転移」は同じという説明もあるので
本当のところはどうなのでしょうか?

今までの翻訳では、ほぼ「転移性」を使っていました。
専門知識がないと、判断が難しいです。
ちなみに、医薬翻訳者が使う用語集MedDRAでは
Metastasisの訳は「遠隔転移」も「転移性」もありました。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。