FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み切れるかな

世界的に話題となっている
仏人経済学者、トマ・ピケティの著。

21世紀の資本
21世紀の資本

トップ1%の所得者が全所得の何%を占めているかというデータなど
膨大なデータを使い
経済格差は拡大、悪化し続けており、
今後、社会の根幹を揺るがす衝撃をもたらす可能性があると
いうような内容です。
(私もまだ読んでいないので、さまざまなサイトで
概略を知りはしましたが、簡潔に説明できません)

確かに、経済格差は広がっているし、今後も
解消されることはないのではと思うので
その辺りが知りたくて、ぜひ読んでみたかったのです。

邦訳が出る前に、すでに世界的に話題ということで
邦訳はかなり急がれたとことと思います。
こんな膨大な内容を超特急で翻訳するなんて、すごいと思っていましたが
やはり、翻訳者は山形浩生さんを初め、3名の布陣でした。

図書館で、12月8日の邦訳発売1ヵ月前に予約し
ようやく、手に入りました。
そんなに、読みたかったら自分で買ったらいいのですが
5500円もするので図書館頼みにしてしまいました。

しかし、ようやく手に入ったと言っても2週間の期限です。
既に、私の後には何百という予約が入っています。
延滞するわけにはいきません。
読めるかなあ???
なんと608ページで、厚みが5cmほどもあるのです。

本

無事読めたら、そのうち、感想を書いてみるかもしれません(^^;



にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。