FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタカナだらけの翻訳

前回の続きですが
大型のお仕事を逃して残念に思っていたところ
小魚達が大量にやってきました。
こちらは、普段のお付き合いのある翻訳会社さんからなので
依頼を受けられてよかったのですが
小魚の大群に襲われています。

たまにお呼びがかかる方の大型の仕事を受けていたら
これらを全て断らなくてはならなかったので
本当に結果オーライでした。

今、取組中の1つはマーケティング資料です。
これは、私の得意分野といいながらも、いつも悩むのは
用語を英語のままにするか、またはカタカナにするか、和訳にするかです。
例えば、health care、Costumer
医療かヘルスケアか、顧客かカスタマーか。
参考資料があればよいのですが
ない場合は、自分で決めるしかないので悩みます。
そんな時は、クライアントのHPなど見て
イメージをつかみむようにしていますが。
マーケティングの資料で、無理やり和訳にしてしまうと
なんかあか抜けない資料になってしまいますし、
カタカナばかりの訳だと
ルー大柴のような違和感でます。

しかし、今回はなぜか、和訳にならないものばかりで
カタカナのオンパレード、しかもどこで“・“つけたらよいか
わからないほどです。
副作用報告書のような訳は個人差が出ませんが
マーケティング分野は文芸作品とまでは
行きませんが、本当に十人十色の翻訳になると思います。

ここで、この翻訳者さんセンスがないと思われたくはないので
頑張ります。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。